下北のいちご農家 あべファームへようこそ!

あべファームのいちご作りへの想い

阿部伸儀

青森県むつ市大畑町に、ビニールハウスを6棟(約12a)で、夏秋いちごの栽培をしています。

 

農業を始めて今年で5年目となりますが、それまではいろんな仕事を転々としました。配置薬販売員や自動車ディーラー、OA機器の販売など主にお客様に商品を販売する仕事でしたが、商品を作るところから自分自身の仕事に責任を持ち、購入していただいたお客様に、笑顔を届けられるような仕事をしてみたいという思いから、農業への転向を決意しました。

 

そんな時下北で、他の地域ではできない、夏・秋に収穫できるいちごを作っていることを知りました。やませが吹き夏でも10℃を下回ることのある下北では、野菜の栽培は厳しい、でもそれが逆に強みになる!生まれ育ったこの地で、自分だからできることをしたい!と思った私には、とても魅力的でした。

 

美味しいものを食べると人はみんな笑顔になれるように思います「いちご」ってみんな好きですよね?みんなが好きなものを「作る人」ってすごくないですか?みんなに喜んでもらえるものを、自分の手で作りたい!それが、いちごを作る私の想いです。

 

今、自信をもって、下北夏秋いちごをお届けします!

そして、みんなの喜びや笑顔、元気や幸せに少しでも貢献できるよう、これからも更なる挑戦を続けます!


スイーツに最適ないちご

下北の夏秋いちご

  • 品種は、すずあかね赤い妖精です。爽やかな酸味が特徴で、スイーツやお菓子に合います。主に、業務用・加工用に出荷しています
  • 収穫期は、5月~11月。下北の冷涼な気候だからできる夏秋いちごは、この時期の国産いちごとして大変貴重品です
  • ハウス栽培で、温度や湿度の管理をします。水分や栄養分も、畝の中に通したパイプから、しっかり管理して与えます
  • 下北の農業の期待の星!食べていける農業、かっこいい農業を目指して、近年若手の就農者が増えています。

いちごのレシピ

コンデンスミルクや、チョコレートをかけて食べるのがおすすめ!

いちごの果実酒

意外なおいしさ。いちごリゾット


いちごの加工(株) A-berry

下北夏秋いちごサイダー

私たちの作ったいちごは、いちごのスイーツはもちろん、加工品などにも使用されますので、ほぼ全量出荷されますが、規格サイズより小さいものや、逆に大きすぎるもの、形が良くないものなどは規格外品となり、約3~7%ほど出荷できないものがあります。

 

そこで、2019年からいちごの果汁を搾る会社を設立し、フードロスの軽減に取り組むことにしました、近くにある下北ブランド研究所から技術指導を受け、いちごの果汁を使用したご当地サイダー、その名も

「下北夏秋いちごサイダー」が完成しました!

 

果汁含有率はなんと15%!

香料・保存料・着色料は不使用ですので、小さいお子様でも安心して飲んでいただけます、味も香りもいちごそのまんま!いちご農家が作った本気のサイダーです!

 

ラベルは、コンテストで選ばれた竹村瑞穂さんのデザイン。

郷土愛が表現されています。


ワインづくりにチャレンジ中

お酒好きの野望。自分のいちごのワインが飲めたらサイコーだぜー!を本気でやってます。

乞うご期待!

体験・お手伝い歓迎

援農ボランティア

いちご栽培に興味のある方、農家の仕事をお手伝いしてみたい方、大歓迎です。5月~10月まで随時募集しています。

むつ下北援農ボランティアのサイトはこちら

体験会・見学

グループ等での見学は、ご相談ください。観光いちご園ではありませんが、興味を持ってくださる方には、可能な範囲でご案内します。事前にご連絡ください